液体小袋の老舗 城南自動機株式会社
HOME

HOME

サーボドライブ
JAM-S6R-V1
JAM-S6KW-V1

標準型
JAM-NPPH3S
JAM-NPPH30S
JAM-NPPHW30S

消毒綿包装
JAM-CTW4

ピロー包装
JAM-EG-1

あいさつ
会社案内
事業所
お問合せ

求人情報

リンク

関連企業・団体


JAPAN_PACK_2017_Banner


液体小袋の老舗城南自動機株式会社

会社名 城南自動機株式会社
代表者 代表取締役社長  古城 美武
資本金 4,000万円
設立 昭和35年11月1日
事業内容  開発・設計・製造・販売
▼液体・粘体自動充填包装機
▼各種自動機
 ※お気軽にお問い合わせください。
主な輸出国名 韓国、台湾、ベトナム、タイ、インドネシア、
マレーシア、シンガポール、中国、オーストラ
リア、ニュージーランド、アメリカ、その他。
主な納入実績 アサヒビール梶A旭電化工業梶A味日本梶A
石井食品梶Aヱスビー食品梶Aおたふくソース梶A
花王梶Aカゴメ梶Aキューピー梶A潟Rーセー、
サンスター梶A且草カ堂、武田薬品工業梶A
大日本包装梶A潟cムラ、日本メナード化粧品梶A
日本リーバ梶A日世梶A日本食研梶A
ハナマルキ梶Aプリマハム梶Aポーラ化成工業梶A
丸美屋食品工業梶A白十字梶Aユニフード梶A
ライオン梶Aレブロン梶A六甲バター梶A和光堂梶A
その他 約500社。
加入団体 ▼(一社)日本包装機械工業会  
▼神奈川県包装機械工業会
▼神奈川県産業貿易振興協会
取引銀行 ▼城南信用金庫 大和支店  
▼りそな銀行 長後支店
▼横浜銀行 長後支店
沿革
昭和35年11月 川崎市に於いて、資本金150万円で有限会社城南自動機研究所を設立。各種自動機の設計、製造、販売を開始。縦型液体自動充填機を開発、NP型シリーズとして販売開始。
昭和40年 コンドームなど変形品の自動包装を開発、4型シリーズとして販売開始。
昭和42年10月 日本包装機械工業会会員となる。
昭和52年1月 綾瀬市に藤沢工場を設置。生産を開始する。
昭和53年1月 城南自動機株式会社に改組。同時に資本金500万円に増資。
昭和56年4月 不織布の自動充填包装機を開発、CT型シリーズとして販売開始。
昭和62年4月 タイ、バンコクに現地法人と合弁会社設立。同時に本社を移転、藤沢工場を本社工場とし、川崎本社を出張所とする。同時に資本金を1000万円に増資。
平成元年3月 大阪市北区に大阪営業所開設、機械販売ならびに、電子部門設置。
平成13年1月 インドネシアに現地法人と合弁会社設立。
平成17年 サーボモータ駆動を採用した自動充填機を開発、S6R型シリーズとして販売開始。
平成20年10月 資本金を4000万円に増資。
平成21年 特殊包装(SnapPak)の包装機を開発、GIG2000として販売開始。

COPYRIGHT© Since1960 城南自動機株式会社 ALL RIGHTS RESERVED.